2006年06月14日

第3回 EUCの過去問題にチャレンジ

過去問題にチャレンジ

問題1(H14秋問30)

エンドユーザコンピューティング(EUC)に関する記述として,最も適切なものはどれか。

(ア)EUCによるソフトウェア開発では,ユーザが簡単にシステム構築できる開発ツールを選び,これらの教育を行う必要がある。

(イ)EUCの普及によって,企業内の情報システム部門には,ソフトウェア開発のバックログが蓄積するようになる。

(ウ)EUCは,ソフトウェアパッケージを全く利用せず,エンドユーザがシステム環境の構築や運用管理を行うことが特徴である。

(エ)EUCを支えるためには,COBOL,C,Javaなどのプログラム言語の教育が重要であり,それは情報システム部門の重要な任務である。








(解答)ア

EUCでは、エンドユーザがコンピュータを活用して業務の効率化や改善をおこなう。

(イ)EUCによって、情報システム部門の作業の一部は、エンドユーザが行うことになり、軽減される。

(ウ)EUCでは、パッケージソフトを使うことに、効率化をはかる。
(エ)EUCでは、基本的にはプログラミングまでは、行わない。
プログラミングまでを含む場合はEUDになる。
(エンドユーザが、プログラミングなども含めてシステムを構築すること)
 

posted by heronaka at 18:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 第1章 EUC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
EUCとEUDの違いがわかりづらいのですが・・・
Posted by よろしくお願いします at 2006年06月14日 21:05
EUDは「End User Development」の略号です。

「Development」は、「発展」という意味が
ありますが、EUCを発展して、エンドユーザ自らが開発にも関わると考えると、わかりやすいのではないでしょうか?

実際に問題で問われる、EUCとEUDの違いは、
アプリケーションの開発やプログラミングに
関わるかどうかの違いを聞かれる場合が多いようです。

例えば、Word、Excel、Accessなどでの
マクロ機能の活用、SQLによるデータベースの構築、
JavaScriptなどの簡易言語の使用などが考えられます。
Posted by heronaka at 2006年06月14日 21:19
ありがとうございます。
何となくわかったような気がします。
Posted by kk at 2006年06月14日 21:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。