2006年06月20日

シスアド講座 第11回 CPUとメモリ過去問題 2問目

CPUとメモリの過去問題 2問目です。

問題4 (H14春問4)

半導体ディスクの説明として、適切なものはどれか。

(ア)DRAMで構成された主記憶の一部を磁気ディスク装置と同じように、
  補助記憶装置として使用するものである。

(イ)磁気ディスク装置と主記憶の間にDRAMを用いた
  キャッシュメモリを設けるものである。

(ウ)主記憶をDRAMで拡張するものである。

(エ)バッテリを備えたDRAMで構成し、
  磁気ディスク装置と同じ働きをする装置として使用するものである。









(解答)

(エ)

少し難しかったかもしれませんが、
名前の中にディスクという言葉が
入っていることから考えると、
他の選択肢は、すべてメモリの説明になります。

次回から、周辺機器やインターフェースのワンポイントを
お届けします。

頑張ってくださいね(^o^)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19561912
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。