2006年06月22日

第13回 CPUとメモリ過去問題 4問目

問題6 (H13春問2) 

アクセス時間の最も短い記憶装置はどれか。

(ア) CPUの2次キャッシュメモリ
(イ) 主記憶
(ウ) ハードディスク
(エ) レジスタ
















(解答)エ
レジスタについては、今まで説明をしてなかったので、難しかったかもしれませんね。
CPU内部でデータを一持的に保存しておくための小容量のメモリになります。

プログラムの経験や勉強をされた方は、レジスタの意味がわからなければ、はじまらないので、よく知って見えると思います。

出題頻度は低いのですが、このように解説であまり見かけないような問題も1〜2割ほどは出題されます。

対策としては、普段からできるだけコンピュータ関連の用語に関心を持っておくことですね。

そうするとことによって、見かけたことがない用語が出てきても、解答の選択をしぼることができて、正答率をあげることになります。

頑張りましょうね(^_^)v

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19679780
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。