2006年06月23日

第17回 補助記憶装置(CD-R)の過去問題


問題8 (H11春)

CD-Rの特徴に関する記述のうち、適切なものはどれか。
(ア)格納したデータの書換えができないので、公文書の保存などに適している。
(イ)記憶容量が大きく、更新が多発する大容量のマスターファイルの記録媒体に適している。
(ウ)特殊なフォーマットを使っているので、格納したデータは、CD-R専用ドライブでしか読むことができない。
(エ)ファイルを削除した後の記憶領域はゴミとして残るので、定期的にゴミ領域を回収する処理を行って、空き領域を増やす必要がある。





















解答は(ア)になります。

CD-Rは、一度書き込みをすると、削除したり、書換えができないために、更新処理には向いてません。書き込みしたものは、通常のCDドライブであれば読み込みは可能です。

次回はDVDについての過去問題です。頑張りましょうね(^_^)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19737456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。