2006年06月26日

第23回 プリンタの種類

プリンタの種類については、インクをジェットのように?吹き付けて印刷するインクジェットプリンタと、トナーという粉を紙に付着させる、コピー機と同じ原理のレーザプリンタの2種類を確実に覚えてくださいね。

その他に、最近余りみかけませんが、感熱式プリンタとドットインパクトプリンタがありますが、試験では、ほとんど出題されないでしょう。

過去問題でよく見かけるのは、プリンタの解像度についてです。

dpiという単位を用いて、1インチ(2.5cm)あたりに何ドット印刷できるかを使います。600dpi、1200dpi、2400dpiなどのように表現して、数字が大きいほど、細かくきれいに印刷できることになります。

dpiは、写真や絵を画像として、コピー機のように読み取るイメージスキャナの読み取り精度にも使われるので覚えておいてくださいね(^_^)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。