2006年07月11日

初級シスアド講座 第41回 OSI基本参照モデルについて

OSI基本参照モデルというのは、ネットワーク上のプロトコル(規約)を7つのグループに分ける分け方のことを言います。

ネットワーク上の規約については、たくさんありますので、わかりやすくするために分類をした訳です。

結構出題も多いところですので、確実に覚えてくださいね。

第1層〜第7層に分類をしてあるのですが、

下(第1層)に行くほど物理(ハードウェア)的なもの

上(第7層)に行くほどソフトウェア的なもの

というように考えてください。

細かいところは、市販ののテキストなどで一度見ておいてくださいね。

問題でよく出るところを紹介します。

第1層 物理層 コネクタの形状・伝送媒体などの取り決め
ハブ・リピーターなどの機器がこの層になります。

第2層 データリンク層 MACアドレス(製造番号)に関する取り決め 
ブリッジ・スイッチングハブ・ルータの一部の機能がこの層になります。

第3層 ネットワーク層 IPアドレスに関する取り決め
ルータのIPアドレスに関しての機能がこの層になります。

第4層 トランスポート層 通信の品質に関して
TCP(品質高)UDP(品質低)などの規約があります。

第6層 プレゼンテーション層 文字コードなどの取り決め

第7層 アプリケーション層 通信ソフトなどソフトウェア的なもの

すべてのプロトコルを制御する機械がゲートウェイでインターネット接続に必要になるため、ISP(インターネットサービスプロバイダー)や、イントラネットを構築する上で、必ず必要になってきます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。