2006年07月13日

初級シスアド講座 第42回 ルータの過去問題

今回は、ルータの過去問題です。

第41回のOSI基本参照モデルのところのポイントを参照して頑張ってくださいね。

問題20 (H16年秋問8)

ルータの説明として、適切なものはどれか?

(ア) データリンク層での接続を行い、トラフィック分離機能をもつ。

(イ) トランスポート層以上のプロトコルを含めてプロトコル変換を行い、異なるネットワークアーキテクチャをもつネットワークを相互に接続する。

(ウ) ネットワーク層での接続を行い、広域網を介してLAN間を接続する場合などに使われる。

(エ) 物理層での接続を行い、接続距離を伸ばすために使われる。














正解は(ウ)です。

OSI基本参照モデルの各層の名前を覚えておけば、すぐに答えれますよね。
ルータの機能も含めて、よく出題されるところなので、第41回のOSI基本参照モデルのワンポイントを確認しておいてくださいね(^_^)

では、暑さに負けないように頑張りましょう(^_^)v
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20734774

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。