2006年07月14日

初級シスアド講座 第46回 RAS(Remort Access Server)とは?

今回はRAS(Remort Access Server)の説明です。

電話回線や、ISDN回線で、ダイヤルアップ接続して、遠隔地のPCの資源を利用するWindowsの機能です。

PPPを使うと、Windowsのファイル共有などに使われるNetBEUIやTCP/IP、NETWareのIPX/SPXなどが利用できるため、UNIXやNETWareなどのサーバにつなぐこともできます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20783947

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。