2006年07月15日

初級シスアド講座 第47回 利用者認証

今回は、利用者認証についてです。

認証方法でよく使われるのが、ユーザ名とパスワードによる認証です。

推測されやすいものは避ける、パスワードの管理に気をつけるなどは、皆さん、よくご存じだと思いますが、一歩進んで、ワンタイムパスワード、コールバック方式などもよく出題されます。

ワンタイムパスワードは、名前の通り、1回限りのパスワードとなります。

コールバックは、例えば自宅から会社のネットワークにアクセスする際に、自宅から会社に電話回線でつないだ後に、一度切断して会社から自宅へ電話をかけ直して、アクセスをする方式です。

自宅に侵入されない限りは、他人による「なりすまし」は防げるわけです。

携帯電話やPHSとの組み合わせでも可能ですが、PCカード型のPHSなどの場合、ノートパソコンを盗難された場合の対策を考えないといけません。

次回は、ワンタイムパスワードについて、いくつか例をあげていきたいと思います。では、頑張ってくださいね(^_^)v

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。