2006年07月16日

初級シスアド講座 第55回 暗号化の練習問題

今回は、前回の暗号化についての練習問題です。

問題24 (H14春問3設問1改)

次の文の(a)(b)に入れる適切な語を下の解答群より選べ。

インターネット上の盗み見対策として共通かぎ暗号方式と公開かぎ暗号方式を利用する。

送信者は共通かぎで暗号化したデータと、暗号化に使った共通かぎを(a)で暗号化したものを受信者に送信する。

受信者は暗号化された共通かぎを(b)で復号し、復号した共通かぎでデータを復号する。

解答群

1 受信者の共通かぎ

2 受信者の公開かぎ

3 受信者の秘密かぎ

4 送信者の共通かぎ

5 送信者の公開かぎ

6 送信者の秘密かぎ














解答は、(a)が2、(b)が3となります。



暗号化についてのチェックポイントは3つあります。

まず秘密鍵と公開鍵という用語の意味を確認してください。

他者に対して秘密にしているか、公開しているかの違いです。

次に用語の使い方で、暗号化システム全体を指して呼ぶ場合と、暗号化、復号化の段階で呼ぶ場合の違いを確認してください。

例えば、「公開かぎ方式」、「共通かぎ方式」、
「公開かぎ暗号システム」、「共通かぎ暗号システム」という場合は、
暗号化と復号化をあわせたシステム全体のことを指します。

それに対して、「公開かぎ」、「共通かぎ(秘密かぎ)」
と呼ぶ場合は、暗号化を行うときか復号化を行うときの
暗号化システムの一つの過程の、方法を指します。

まぎらわしいので、しっかりと確認をしてくださいね。
ここで、頭が混乱してわからなくなる方が多いです。


最後に、その暗号化に使われている鍵は誰が所有しているかを確認しますが、どちらが送信者で、どちらが受信者か間違えないように慎重に見てください。



頭は、整理できたでしょうか?

それでは、問題の確認をします。

長くなりましたので、ここでもう一度、問題文を書きます。

インターネット上の盗み見対策として共通かぎ暗号方式と公開かぎ暗号方式を利用する。

送信者は共通かぎで暗号化したデータと、暗号化に使った共通かぎを(a)で暗号化したものを受信者に送信する。

受信者は暗号化された共通かぎを(b)で復号し、復号した共通かぎでデータを復号する。


(a)(b)の前の文に共通かぎ方式と公開かぎ方式を利用してとあり、送信者が共通かぎで暗号化したデータとあるので、共通かぎについては送信者が作成したものであることがわかります。

共通かぎで暗号化したデータを復号化するために、受信者も共通かぎが必要で、そのため、送信者の作成した共通かぎを、公開かぎ暗号方式で受信者に送ることになります。

公開かぎ方式は暗号化または、復号化のどちらかが、公開され誰にでもできるわけですが、この場合、復号化は受信者のみしかできない秘密かぎでなかったら、盗み見対策になりません。

公開かぎ方式の場合、秘密かぎになっている側が作成者となります。
というわけで、この場合、作成者は秘密かぎになっている側の受信者となります。


このパターンの問題は初級シスアドとセキュアドの試験でよく出題されます。頑張って得意分野にしてくださいね(^_^)v
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。