2006年07月19日

シスアド講座 第59回 公開かぎ暗号方式過去問題

暗号方式の練習問題を続けます。

問題27 (H15SS問23)

公開かぎ暗号方式によって、n人が相互に暗号を使って通信する場合、異なるかぎは全体でいくつになるか?

(ア)n+1

(イ)2n

(ウ)n(n-1)/2

(エ)log2 n














解答は(イ)の2nとなります。

公開かぎ方式では、例えば5人が参加するとすると、5人の一人一人が秘密かぎを持ち、それに対する公開かぎが必要となります。

この問題が共通かぎの場合は、同じく例えば5人の場合、5人の中から2人を選ぶ組み合わせとなり、

(5x4)/(2x1)で10となります。

n人の場合は、n(n-1)/2となります。

次回も暗号方式の練習問題を続けます。

頻出分野ですから、頑張ってくださいね(^_^)v
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21050808

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。