2006年07月19日

シスアド講座第62回 無線通信の暗号化

今回は、無線通信の暗号化についてです。

無線通信では、電波による通信のために、盗聴される可能性が高まります。

そこで、暗号化の使っての通信は必須となります。

現在、WEPという暗号方式が一般的に使われています。

ただし、WEPには、暗号の解読が比較的容易であるという脆弱性も報告されており、新しい方式が望まれています。

無線LANについて、過去問題を1つ紹介します。

問題29 (H16SS問16)

無線LAN(IEEE802.11)で使用されるデータ暗号方式はどれか?

(ア)SSID

(イ)SSL

(ウ)WAP

(エ)WEP

解答は上の説明を参照してくださいね。














解答は(ウ)です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。