2006年07月20日

シスアド講座 第64回 クッキー

今回はの題を見て、よだれが出た人はいませんか?

講座では、いつもこんなおやじギャグを言って怒られています(^_^)

余分な話は終わりにして、本題に入ります。

クッキーはサーバが生成し、Webブラウザを介してクライアント側に記録されるテキストファイルです。認証情報やアクセス上などが記録され、次回以後のアクセス時に役立てられます。

具体的には、掲示板でハンドルネームなどが自動的に表示されたり、WEBメールのログイン画面で、ユーザ名やパスワードをユーザの機械に保存したりできます。

また、WEBページ側も、クッキーを保存することにより、リピ-ター(繰り返し、訪れている方)か初めてのユーザかを区別することができます。

現在のインターネットでは、このクッキーのシステムが、いろいろと使われています。

クッキーは、クライアントのブラウザ上から削除可能で、クッキーの使用を禁止するように設定することも可能です。

次回は、クッキーについての練習問題をご紹介します。
では、頑張ってくださいね(^_^)v
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21099917

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。