2006年08月31日

シスアド講座 第89回 減価償却費のワンポイント

今回は、財務会計の問題でよく出題される減価償却費のワンポイントです。

--------------------------------------------------------------------

建物や車両など期間が経過すると価値が下がっていきますよね。
この下がった価値のことを減価償却と言います。
計算方法として、定額法と定率法があります。

定額法は、毎年、帳簿価額を一定額減額していく方法です。
定率法は、毎年、帳簿価額を一定の比率で減額していく方法です。

--------------------------------------------------------------------

定額法の場合は下のような式で計算します。

減価償却費=(取得原価-残存価額)/耐用年数

例えば100万円で購入した車両が、10年で価値が10万円となるとします。
この場合、取得価額が100万円、耐用年数が10年、残存価額が10万円
となります。
式に当てはめると、(100-10)/10で9万円となります。
毎年、9万円ずつ価値が減少するということです。

--------------------------------------------------------------------

定率法の場合は下のような式で計算します。

減価償却費=帳簿価額×償却率

例えば、100万円で購入した車両が、償却率10%だとすると、
1年目は、100×0.1=10万円
2年目は、100万円から1年目の減価償却費を引いた90万円に償却率をかけて、
90×0.1=9万円となります。
3年目以降も、前年までの減価償却の累計額を
取得した100万円から引いた値に償却率をかけると計算できます。

---------------------------------------------------------------------

次回は、過去問題をご紹介します。頑張ってくださいね(^_^)v
posted by heronaka at 13:50| Comment(0) | 第6章 業務とコンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。