2006年08月31日

シスアド講座 第101回 プロトタイピングモデル

今回は、プロトタイピングモデルです。

前回のウォーターフォールモデルの初期段階で入出力画面などの具体的に動作する試作品(プロトタイプ)を作成し、利用者に試用・評価してもらい、これに検討と修正を繰り返しながら、仕様を確定していく手法です。

ウォーターフォールモデルは、一つ一つの段階を確実に進めていくため、大規模なモデルに向いています。

プロトタイピングモデルは、試作品を何回か作っていくため、大規模なシステムには向かず、中・小規模なシステムに向いています。

ウォーターフォールモデルとプロトタイピングモデルをミックスした手法として、スパイラルモデルがあります。

こちらはウォーターフォールモデルのように、各段階ごとに開発を進めますが、各部分ごとにプロトタイプを作成し評価を重ねて進めていきます。

posted by heronaka at 14:47| Comment(0) | 第8章 システム開発・運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。