2006年08月31日

シスアド講座 第109回 テストの技法

今回は、テストの技法です。



(ホワイトボックステスト)

入力したデータに対して、設計通りに正しく出力されているかテストを行う際に、内部のアルゴリズムやプログラムまで検証する方法がホワイトボックステストです。

ホワイトは透明と考えていただいて、中身を見て確認してテストするという意味です。



(ブラックボックステスト)

内部は見ずに、入力データと出力データのみに着目するのが、ブラックボックステストです。





ホワイトボックステストとブラックボックステストの違いもよく出題されるところなので、確認しておいてくださいね。

過去問題例

H16秋問37

H16春問37

では、頑張ってくださいね(^_^)v

posted by heronaka at 15:12| Comment(0) | 第8章 システム開発・運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。