2012年11月16日

基本情報技術者試験を受験しようと思う次第なんですが、テキストと問題集1冊ずつで...

情報処理技術者試験についてのQ&A

基本情報技術者試験を受験しようと思う次第なんですが、テキストと問題集1冊ずつで大丈夫でしょうか?
先日ITパスポートに合格しまして、次に基本情報を受験しようと思い、テキストの購入を考えています。

基礎となりうる参考書は「イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室 」にしようと思うのですが、これでは少し足りない範囲もあると聞いたので「情報処理教科書 基本情報技術者」も同時に購入しようと思っています。
問題集は「パーフェクトラーニング過去問題集」にしようとしています。

これで大丈夫ですかね?
なんせ勝手がわからないもので。


- 回答 -
基本情報処理技術者試験の午後問題はITパスポート試験では出題されない応用問題が出題されますので参考書での学習は大いに役に立ちますが実務経験の有無はプログラム問題において大きな分かれ目になります。
ITパスポート試験とは問題が違うものの午前は同じ方法で勉強すれば良しとしても午後は少々勝手が違いますので注意が必要です。

最初に行う事は選択言語(問9〜13)を1つ決める事です。これは午後勉強を本格始動する前に最初に決めて下さい。配点は20点満点なのでウエイトは大きいものになります。過去問題も参照しながらどれが勉強しやすいか選んで下さい。決めたら他の言語問題は一切必要がない.と言いたい所ですが疑似言語(問8・必須)がありますので各言語が書けるまでとは行かなくても特徴的な問題の把握はして下さい。選択言語はどうしても言語の特徴的な問題になるので他の言語の特徴も学ぶ必要があるために疑似言語と言う形で問8・必須問題が存在します。

あとは問1〜7(5問選択)はSQLが苦手ならSQLは必ずありますので必ずパスするとかあらかじめ選択方針を固めて下さい。

そういった勉強に入る前の事前準備をしてから勉強を開始して下さい。そうしないと無駄な勉強まで手をつける事になります。

それとITパスポートは今はCBT方式でPCでの回答ですが基本情報処理技術者試験は全てマークシート方式です。慣れないとマークシート回答は思った以上に時間がかかりますので気を付けて下さい。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)



もっと快適にインターネットを!!



光ファイバーとは

posted by heronaka at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。