2012年11月23日

応用情報技術者にかかる勉強期間について 先日基本情報技術者を受けてきたのですが...

情報処理技術者試験についてのQ&A

応用情報技術者にかかる勉強期間について
先日基本情報技術者を受けてきたのですが,自己採点で午前82%,午後は専門学校TACの予想得点で計算して66.5点でした.そこで思いきって次の区分の応用技術者の試験を受けようと思ってます.受ける時期なんですが,来年の春の試験を受けようかと思っています.そこで質問なんですが,基本情報の知識レベルから応用情報の知識レベルまでいくのにだいたいどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

基本情報は今年の8月から実質勉強を初めて,はじめのこの時点で解ける自信があったのは学校でやってたc言語とアルゴリズムだけでした.このときは午前問題なんにもわかんなーい状態でした.
しかし学校の夏休みが2ヶ月あったのでこの期間に集中してやっていたので今回無事基本情報に受かれそうです.

来年もへたをしたら春休み(2ヶ月)の間しか勉強ができない,ような状況になると思います.

2ヶ月間の勉強で応用技術者をうかれる知識は身に付くでしょうか?
0から基本情報にうかるか,基本情報から応用にうかるかどっちが大変か知りたいです.
今大学2年生で情報系の大学に在籍してます.


- 回答 -
私は、社会人で、いきなり応用情報から受けて合格しました。勉強期間は、4か月程度でした。

学生であれば、余裕を見て3か月は欲しいと思います。(2か月では心もとない・・)

応用情報の午前は、基本情報に毛が生えた程度の難易度ですので、
基本情報とは言え、今秋の試験対策をされていたのでしたら、そこまで勉強時間はかからないかと思います。
だいたい3週間〜1ヶ月ほどかと。

午後はちょっとやっかいです。
午後試験は、テクノロジー系(プログラム・ネットワーク・データベース・システム開発・情報セキュリティ)と、
マネジメント系(経営戦略・プロジェクトマネージメント・システム監査など)に分かれ、
テクノロジー系は知識と読解力、マネジメント系は読解力と経験則が中心に問われます。

これらの分野から大問12問出題され、6問を選ぶ訳ですが・・・
私は実務経験から、マネジメント系を中心に選びましたが、学生さんであればテクノロジー系の方が有利なのではないかと思います。

ただどっちにせよ、長文問題になれる必要があるので、知識詰め込みの勉強だけでは太刀打ちできません。
したがって、午後試験対策は1.5ヶ月〜2ヶ月の勉強期間は欲しいところです。

私の場合、午前は1ヶ月、午後3ヶ月かけました。

0から基本情報にうかるか,基本情報から応用にうかるかどっちが大変か、という質問については、
それはゼロから基本情報なり応用情報なりに受かる方が大変だと思います。

なぜなら、直近で何らかの情報処理試験の勉強をしているという事は、次の試験勉強の負担がある程度軽減されるので。
特に午前試験の勉強の負担は軽減されるはずです。

参考になれば幸いです。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)



パソコン初心者におススメ。使い方ブログ。


パソコン 使い方

posted by heronaka at 04:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。