2012年11月28日

中学生のうちにとれる資格って漢検、数検、英検、歴検いがいなにがありますか?

情報処理技術者試験についてのQ&A

中学生のうちにとれる資格って漢検、数検、英検、歴検いがいなにがありますか?



- 回答 -
資格試験資料集なる本を調べるとけっこういろいろな資格試験がある事に気づきます。本来なら1冊購入してその中から質問者様が勉強したい資格を探して勉強し受験して合格する事が望ましいですが就活に使うわけでもなければ教科系資格をいくつかピックアップしてみます。詳細はそれぞれに公式HPが存在しますので参照して下さい。
国語:漢字検定,文章能力検定
社会:歴史検定(歴史),ニュース時事能力検定(政治経済)
数学:数学検定
理科:理科検定
英語:英語検定,TOEIC

TOEICは国際的認知度が高く世界的に有名な試験で就職にも影響力を持ちます。
他にも教科系以外の資格で取りやすい資格というものもあります。

・色彩検定(コーディネーターやスタイリスト向け)
・情報処理技術者試験(プログラマー,システムエンジニア向け)
・MOS(Excel,Wordなどの利用技術試験,一般事務向け)
・メンタルヘルスマネジメント(うつ病,統合失調症などメンタル疾患の正しい理解と医療につなげる事が目的)
・薬学検定(薬の種類と効能や副作用などに関する知識)
こういった職業系資格の方が就職時の有用性は高いです。中学生でも受験可能です。

本来、資格と言うものは数取る事が目的ではなく自身のスキルアップに必要な勉強をする事が目的です。ただ資格を取る事だけを目的にしているならば単なる資格マニアに成り下がってしまい資格を取得しても何の意味も成しません。
まず「なぜ資格を取りたいのか」、「そのためにどの資格を勉強したいのか」を先に考えるべきです。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)



インターネットをもっと快適に

フレッツ光ファイバーのキャンペーン情報

posted by heronaka at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。